40代こじらせ女子のワードプレスdeブログ

私生活の事とか世の中の事とか徒然に。あんまり働いていないので、副業としてネットビジネスの足跡も記録的に書いてみる・・・

      

土星の衛星エンセラダスに生命体?



doseiTBSのサンデーモーニングを見ていたら「生命体が存在する条件が整った衛星ある」という記事が紹介されていた。その衛星とは、土星の衛星エンセラダス。土星は地球から約14億kmで、衛星エンセラダスは土星から25万km。あまりピンとこないのだけど、地球から土星まで新幹線で行くとすると約600年かかるとか・・・

・・スポンサーリンク・・

 

さて生命体が存在するには3つの条件が必要とのこと。その3つとは①水②有機物③熱を発生させる事象。(これは人類が考える条件なんだろうけど・・・)

1997年にNASA(アメリカ航空宇宙局)とESA(欧州宇宙機関)によって打ち上げられた土星探査機「カッシーニ」。そのカッシーニが2005年衛星エンセラダスに接近し、そこから送ってきた様々な情報を分析した結果、様々なことが判明した。(以下、wikipediaから引用)

2008年3月12日の土星探査機カッシーニの観測で南極域のホットスポットの温度が摂氏マイナス93度であることと有機物の存在が確認された。
2009年6月24日の土星探査機カッシーニの観測で、エンケラドゥスの水蒸気に塩化ナトリウムや炭酸塩が検出されたことが発表された。
2014年4月3日、米航空宇宙局(NASA)は、土星探査機カッシーニの観測によってエンケラドゥスに液体の水の大規模な地下海の証拠が発見されたと報告した。地下の海の証拠はエンケラドスは「太陽系で微生物が生息する可能性の最も高い場所」の一つであることを示唆している。
2015年3月、東京大や海洋研究開発機構などの国際研究チームは、カッシーニ探査機が検出した微粒子の中に、岩石と熱水が反応してできる鉱物の微粒子「ナノシリカ」が含まれていることが確認されたと発表した。模擬実験を行ったところ、ナノシリカができるためには90度以上の熱水環境が必要と判明し、現在も活動が続いている可能性が高いことが分かった。地球の深海底の熱水活動は生命誕生の場の一つと言われ、研究チームは「地球外生命の発見に向けた前進」と捉えている。
(出典)http://ja.wikipedia.org/wiki/エンケラドゥス_(衛星)


情報がお役に立てば、共有いただけると嬉しいです♪

 - 自然科学 , , ,

     

  関連記事

茨城県常総市鬼怒川堤防決壊洪水 老夫婦と犬を救助
茨城県常総市で鬼怒川決壊 屋根の上から男女二人と犬二匹が自衛隊に救助される動画

台風17号・18号と秋雨前線の せいで栃木県と茨城県が ものすごいことになってま …

福島第一原発セシウム134
福島第一原発のセシウム134が北米大陸の海岸で検出 報道ステーション

去年から今年にかけて北米大陸沿岸各所で採取された海水を分析した結果、カナダのブリ …

ゲリー・ボーネル
鉾田のイルカ座礁は大地震の前触れ? ゲリー・ボーネル氏の大地震予言4月12日

mixiのマイミクが呟いた 4月12日あたりに東海地方で大地震が おこるかも!? …

みぞれ雪
桜の散った東京浅草・隅田川周辺で雪?みぞれ?

TBSのあさチャンを見ていたら、番組の終了間際お天気カメラがズームアップされたん …

           

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です